自己肯定感とは


単に自分に自信があるということではなく

自分は生きている価値がある!自分は大切な存在なんだ!

と思えることで、子供たちの心の成長の土台となるものです。


自分を大切にできる、自分を愛せる子は

相手にも同じように愛を与え、優しくできます。

優しさの連鎖が起きます。



日頃から親子の関わりにおいて

些細な会話の中での 言葉掛けには特に気をつけています・・・はい、気をつけています(笑)


完璧ではなく、親も人間ですので

できる範囲で☺︎




例えば

夕食作りのお手伝い。

できるできないは置いといて、ママのお手伝いをしよう!とその心意気にまず拍手!

小麦粉などこぼしてしまったら(こらー!と言いたいところw 抑えてw)まず「お手伝いしてくれてありがとう。こぼれちゃったね。どうしたらいいかなぁ(本気で困ってるw)」

何やってるの!もういい!あっち行ってて!と感情にまかせついうのは簡単です。


でもこちらは数十年人生の先輩の身なので 一呼吸(笑)

そして、事実を言葉にする「こぼれちゃったね」

次にどうすべきかヒントを与える「どうしたらいいかな。汚れちゃたから一緒に片付けようか☺︎」など。

この返しができただけで、親として の前に人として勝った!自分の感情に勝った!と達成感ありまくりです!



感情に任せて怒るのは、叱るのとは違います。

叱ることのできる大人になりたいですよね。私もです。

子育てが始まって早8年弱。少なからず8年前にちょんちょこりんな私よりは大人になれています。


もし、今 子育てに悩んでいるママさんがいらっしゃったら言いたい。


大丈夫。

今から少しずつ頑張りましょう☺︎

ママ大好き!に、応えましょう!


きっと同じような悩みを持つママは多いはず。


 

特別なことをしなくていいのです。


できないところに目が行きがちだったら、できるところだけを見てそこを褒める!認める!大げさに!(←お子さんに不信感を抱かれない程度にW)

褒められる、認められるって嫌な思いはしないですよね☺︎ 私は嬉しいです♡お世辞でも素直に受け止めて(←おい)喜びます!!




子育てネタたくさん書きたい✍️


あれ、ニューボーンフォトどこいった🙃笑



閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示